Rss

FITSATサポーターズ

fitsat

   ※超小型衛星「FITSAT-1」観測ガイド(サムネイルのサイト) は有志の観測グループ・FITSATサポータズが作成しています。
    このサイトの中にある、「Heavensat」という軌道計算ソフトの使い方の記事を書かせていただきました。

FITSAT-1は、福岡工業大学が開発制作し、去年の10月上旬にISSから放出された一辺10cmのキューブサットです。
メインミッションは衛星に搭載したカメラを利用した高速通信実験で、サブミッションとしてLEDを点滅させ「光る人工の星」となります。どちらの実験も成功していて、FITSATのミッションは全て成功しています。

以前から宇宙や写真のコミュニティでお世話になっているモスッチさん(@mossch)にご紹介いただき、サブミッションのLEDの光を捉える観測グループ・FITSATサポーターズに加わらせていただいてます。
(モスッチさんのHP : )

ちなみにFITSATサポーターズというグループ名は、私が提案したものを採用して頂きました(*^^)v

このFITSATの観測・撮影の難易度が高い!
冬は天気が悪いことの多い福岡ですが、ただでさえ少ない観測機会の中で、観測の難易度が高く私自身は未だその姿を捉えられずにいます。

当初FITSATの再突入は衛星放出からおよそ100日程度と見られていました。
現在はもう少し長く宇宙にいられるのではないかという予測になっていますが、再突入までにはその姿を捉えられたら良いな…と思っています。

この記事を読んだ我こそは!という宇宙好きの皆さんも、一度観測・撮影にチャレンジしてみては?

Next Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です